SpectroCoinはICT業界の大手Infobaltに加盟します

2018年7月2日、SpectroCoinInfobaltの正式なメンバーになったことをお知らせいたします。Infobalt協会は、リトアニアのビジネス協会とブロックチェーンの取り組みを担当する政府機関との間の最大の接点であると認識されております。 現時点では、Infobalt協会は情報通信技術(ICT)業界から160以上のメンバーが集結しております。

SpectroCoinがInfobaltの正式なメンバーになりました

Infobalt – リトアニアICT分野の雄

Infobaltは1994年に設立されました。長年にわたり、リトアニアのICT分野を代表して、国内外の企業、政府機関、大学、研究センター、教育プラットフォーム間で広く知られており。現在、InfobaltはICT企業を統括しており、合計で1万人以上の従業員がいる、2つの主要国際機関のメンバーです。

  • DIGITALEUROPE – ヨーロッパ最大のIT、電気通信、コンシューマー・エレクトロニクス企業、および全世界の各国の団体が結集した、ヨーロッパの情報およびデジタルテクノロジー業界を代表する企業です。DIGITALEUROPEは、貿易、技術、デジタル経済、規制分野に積極的に取り組んでおられます。
  • WITSA (世界情報サービス産業機構) – 世界のICT市場の90%以上を占めるICT業界の主要コンソーシアムです。WITSAは、業界の成長と発展を促進するための国際政策を積極的に推進し、支持しておられます。

現地でInfobaltは、ICT分野に関する情報を社会に提供するために、さまざまなイベント、セミナー、ビジネスプロジェクト、イニシアチブを促進しております。この協会は、戦略的問題の解決、ICT製品とサービスの市場の開拓、国会議員へのコンサルティングの提供に至るまで、活動をカバーしております。

ビバ・フィンテック

ここ数年、 Infobaltはフィンテックがリトアニアの経済成長の原動力であると認識しております。斯くして、リトアニアの大手FinTech関連企業はFINTECH Lithuania1カ所に集結しました。FINTECH Lithuaniaのメンバーは、リトアニアのフィンテック業界を代表し、フィンテックのビジネスのために、優良な金融規制と魅力的な機会を創出するために、財務省やリトアニア中央銀行など、関連する政府機関や様々な国際機関との公的対話に従事しております。SpectroCoinは、他のメンバーの中でも、FinTech業界の問題の解決する上での規制の発展、リトアニアにおけるブロックチェーン技術の実装に関する最新情報とアイデアの提供に参加しております。

エコシステムの一員として、SpectroCoinは、新たな付加価値パートナーシップを確立することによって、フィンテック・コミュニティの他のメンバーと共同プロジェクトを作成することによって、ネットワークを拡大する機会を得ることができます。これにより、SpectroCoinはEUとリトアニアの法規制に関する協議にアクセスできるほか、会議やイベントに参加したり、研究を整理したり、より大きな規模でブランドを推進する機会が提供されます。

是非この機会にSpectroCoinでフィンテックの利点を感じてください。