暗号通貨の需要の急増と資金の流出

暗号通貨界隈では詐欺により毎日800万ユーロが失われており、更に増え続けていると、さまざまなソースにより報じられています。暗号通貨の詐欺の対象となった多くの犠牲者は、この分野での経験や判断が不十分であったと考えられています。暗号通貨は、約10年間市場に出ているという事実にもかかわらず、”bitcoin(ビットコイン)は詐欺ではないか?”という質問が未だにあります。これについての最も簡単な説明は、個人が理解できないものを恐れていることであり、つまり、ブロックチェーン技術が急激に成長し、新しいコインが多様化し、暗号通貨に基づくプロジェクトの一部や製品に投資することになります。これは、金融分野の大部分の詐欺や不正行為の材料となりえます。

私たちのお客様が暗号通貨詐欺の犠牲者にならないようにするために、SpectroCoinは暗号通貨環境で最も一般的な詐欺のターゲットを提示します。

偽コインの怪しいトリック

たとえ一部の暗号通貨で詐欺があったとしても、すべてのデジタルコインを詐欺とする理由にはなりません。最近、分散型ネットワーク上に構築された暗号通貨の新しい波が、bitcoin、Ether、Dash、Litecoinといった人気のコインの代替品として市場に参入しました。それら作成されたすべての新しいコインやトークンを追跡することは不可能であり、これは不正行為者の偽コインに投資させる機会を与えます。

新しいコインが偽物であるか本物であるかを判断するときは、 bitcoinが詐欺かそうでないかを尋ねた時と同じ質問を自分自身に投げかけてください。ブロックチェーン上で通貨をチェックすることはできますか?

暗号通貨とトークンは分散台帳技術に基づいているため、売買や取引などの通貨操作はブロックチェーン上で確認できます。ブロックチェーン上の新しいコインの性能をチェックすることができれば、それは合法であるとみなすことができます。

このコインの流動性は?

新しいコインの合法性を判断しようとするときには、流動性を考慮する必要があります。新しい資産を他の暗号通貨や法定通貨に簡単に交換することができるはずです。

新しいコインは誇大宣伝の上に構築され、それは現実との相関関係を持っていますか?この新しいコインの機能は何ですか?

分散型市場に来る新しいコインは、bitcoinや他のアルトコインにはない追加の価値や使用事例をもたらすはずです。

これらは基本的な手順のように見えますが、新しいコインを購入する前に、これらの予防措置は全員の心に留めておくべきです。

“bitcoinは詐欺ではありませんか?“という疑問は、まだ人々の心に残っています。

あなたがグリッドに頼り、bitcoinは詐欺か信頼度の高い暗号通貨かの質問に対する答えを依然としてGoogleに常に頼っている場合、是非SpectroCoinの “bitcoin(ビットコイン)とは?“をご覧になってください。

信用できないアプリやリンク

最近マルウェアの感染が20%減少したにもかかわらず、マルウェア感染は依然として最も一般的な暗号通貨詐欺の1つと考えられています。ハッカーは、資金を盗むための新しい方法を試みています。”詐欺から身を守る“という記事ですでに述べていますが、効果的な防止方法は、それがどんなに誘惑的であっても信頼できない、完全に理解できないものはダウンロードを避けるといった自身の判断に左右されます。

詐欺師によって作られた新しい“トレンド“は、悪意のある暗号通貨モバイルアプリです。マルウェアプログラムは、一度インストールされると、個人情報やプライベートキー(秘密鍵)などを収集するか、bitcoinアドレスをハッカーのアドレスに変更します。暗号通貨トランザクションのほとんどは不可逆的なので、ネットワークによって承認されると、資金を回収することは不可能になります。

シンプルなアプリを構築するには、基本的なコーディングスキルがあれば充分です。これは、不正行為者がデバイス内の情報にアクセスするための恰好の方法です。SpectroCoinは、デバイスにアプリをインストールする場合は慎重に慎重を期していだだき、常に誰がアプリの作成者であるかを再確認することを強くお勧めいたします。

ICOは新たなワイルド・ワイルド・ウエスト

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)などの資金調達方法は、数十億ユーロの資金を調達し、詐欺師たちが簡単に資金を調達する方法として恰好の的となりました。

多くの詐欺師は、投資家からICO参加資金が提供されることを期待して偽のウォレットのアドレスを提供するなど、技術の弱点に頼っています。他には、ICOトークンの価格を引き上げて利益を得ることができるように、より長い期間をかけて、ポンプとダンプの仕組みを使います。また、詐欺師がICOのすべてのリンク先ページを再作成/ミラーリングしたり、フィッシング、ソーシャルエンジニアリング、偽装して資金を盗むこともあります。

"ICO"と"詐欺"を同等とみなすことはできません。

多くの詐欺紛いなICOが存在し、純粋な人やそのウォレットを食い物にする多くの暗号通貨詐欺がありますが、”ICO”と”詐欺”を同等に扱うことはできません。しかし、新しいICOに資金を投入する前に知っておくべき危険信号があります。

SpectroCoinは、あまりにも聞こえがよいと思われる約束を避けることを提案します。ホワイトペーパーやアイデアだけでなく、提示できるプロダクトを持つプロジェクトを選択する方が常に優れています。ICO公式代表者からのものであると主張するソーシャル・チャンネル上のオファー、人物、メッセージを盲目的に信用してはなりません。少なくとも投資対象となるプロジェクトの価値やリスクなどの基本的な調査を行い、ホワイトペーパーの事実が現実的かつ公正であるかどうかを確認してください。

詐欺行為に関する考えを弊社にお知らせください。SpectroCoinの詐欺認識キャンペーンにご参加ください。