AML5のイラスト

AML5: 誰もが同じルール

この投稿は、EU AML5指令の移行後、2020年1月16日に更新しました。

ICOを通じて発行された新しい暗号資産の急増と暗号資産市場への関心の高まりは、金融市場全体の規制要件の実現につながりました。2018年に欧州議会はAML5指令の提案を発表いたしました。この指令は、一部の国では2019年中旬に実施され、2020年1月10日までにすべてのEU諸国の現地の法律に置き換えられました。AML5は、マネー・ローンダリングやテロ資金調達のための金融システムの使用防止に関する第5 EU指令の一般的な略語です。

AML5がなぜSpectroCoinのような企業にとって重要なのかを説明するために、AML4(マネー・ローンダリングやテロ資金調達のための金融システムの使用に関する第4次EU指令)が採択された2015年に遡る必要がございます。AML4指令には、銀行やその他の大手金融会社のマネー・ロンダリングやテロリストの資金調達を防ぐための一連のルールが含まれております。今、AML5はこれらのルールを暗号資産カストディアンウォレットプロバイダーと暗号資産取引サービスプロバイダーの両方に適用できるようにします。

AML5指令の主要な概要

AML5の背後にある主な目的は、法定通貨と暗号資産関連企業における違法行為の防止です。その厳格な要件は、クライアントのストレスやご不便を招く可能性がございますが、これはまた、お客様を個人情報の盗難や詐欺から保護するのにも役立ちます。AML5指令は、規制当局と消費者がデータ共有、透明性、信頼関係において相互作用する、新しい金融技術と暗号資産市場を考慮する最初のAMLとして位置づけたものです。この意味は:

  • 初めて、トークンと暗号資産に法的地位が与えられます

‘暗号資産’とは、デジタルで転送、保管、取引が可能で、交換の媒体として機能するが、いかなる管轄区域においても法律上の入札ステータスを有しておらず、 別の決済指令(2015/2366/EC)で定義されている機器に保管されている資金または金銭的価値はありません。

また既存の規制枠組みの対象となります。これは、すべての暗号資産サービスプロバイダがAMLおよびKYC要件を遵守することを義務付けられていることを意味します。

  • 暗号資産ビジネスでは、違法行為の兆候を探して取引を監視し、疑わしい行為を当局に報告する必要があります。

義務のある事業体は、合理的に可能な限り、適用されるコントロールの数とタイミングを増やし、さらに調査が必要なトランザクションのパターンを選択することにより、ビジネス関係の監視を実施します。

これらの手順により、より安全な環境が確保し、暗号資産プラットフォームを使用した違法行為を大幅に削減します。これにより、セクター全体がより安全で信頼され、認識されるようになり、すべてのユーザー に利益をもたらすます。

  • 基礎となるAML5要件を満たすために、SpectroCoinのような企業は、いくつか例を挙げると、お客様の識別と検証、プロフィールの理解、疑わしい活動を監視するなど、現在の業務に関するいくつかの規制変更を実施しています。これらのステップには、現行の顧客文書の改訂版と、必要に応じて、追加的な文書収集プロセスを実装して、有効所有権データのギャップを埋めるプロセスが含まれます。

新しい暗号資産の急速な普及は、ICOを考え出し、暗号通貨市場を高め、金融市場全体の規制要件を導入します。

明るい面

金融会社は、潜在的に疑わしい活動を検出するために複雑なデータ分析に依存するため、大量の漫然と構造化されたデータの複雑なパターンを識別するために、機械学習と人工知能ソリューションが適用されます。これらの実装は、ワークフローだけでなく、サービスの品質と効率、そして全体的なカスタマーエクスペリエンスを変革し、改善します。

SpectroCoinでは、お客様の利益とセキュリティの間の公正なバランスが優先事項の1つです。詐欺の識別、AML取引の監視、制裁措置、顧客確認(KYC)は、金融犯罪を防止するとともに、企業にとって安定した経済環境を確保する上で大きな影響を与えます。

ソーシャルメディアチャンネルを介してこのトピックに関する考えを是非共有していただけるとありがたく存じます。

参照: DIRECTIVE OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL amending Directive (EU) 2015/849 on the prevention of the use of the financial system for the purposes of money laundering or terrorist financing, and amending Directives 2009/138/EC and 2013/36/EU