イーサリアムコンスタンティノープルハードフォーク

SpectroCoinはETHコンスタンティノープル・ハードフォークをサポートする準備ができております

SpectroCoinとそのコミュニティは、イーサリアム・コンスタンティノープル・ハードフォークを熱望しております。この改善の最終目的は、イーサリアム・ネットワークのマイニングに関する問題とスケーラビリティを解決するためのプルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステークプロトコルへの移行です。ハードフォークは、意図したとおりに機能するように、イーサリアム・ブロックチェーン内のすべてのノードにわたって一方的に実装する必要があります。弊社では来たる変更とアップデートについてご説明いたします。

ブロックチェーンの規定: フォーク

通常、人々はネットワークに新しいコインをリリースすることを“フォーク“という用語に関連付けますが、クリプト辞書では“フォーク“は元のチェーンの分割として単独で存在する2つの新しいチェーンに分割することとして定義する必要があります。クリプト市場の参入者の多くはコンテンシャス・フォークに慣れおり、これは、ユーザーがオリジナルのチェーンに従うか(ソフトウェアの変更に同意しない場合)、新しいアップデートを実装するかを選択できる民主的なアプローチです。

イーサリアム・ネットワークはすでに複数の計画内および計画外のハードフォークを経ており、また皆様はこちらでそれらについてを更にご覧いただけます。イーサリアム・ブロックチェーンの継続的な改善により、イーサは主要な暗号通貨の中で注目を集めることができました。今、コンスタンティノープル・ハードフォークは次に実装されるものであり、これはクリプト・コミュニティによって今のところ最も期待されているアップグレードのように感じられます。

イーサリアム・コンスタンティノープル・ハードフォークは、ETHエコシステム内の主要プレーヤーによって全会一致でサポートされており、つまり、開発者、マイナー、イーサ保有者は、速やかに最新のブロックチェーンバージョンに切り替えておられます。

プルーフ・オブ・ワーク対プルーフ・オブ・ステーク

クリプトの世界では、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)およびプルーフ・オブ・ステーク(PoS)の概念は、ブロック上のトランザクションを承認するために重要なコンセンサス・メカニズムです。ブロックチェーン上でイーサ、ビットコイン、その他のオルトコインのトランザクションを承認するには、コンセンサスは第三者または中央当局の参加なしに達成されなければなりません。ネットワーク全体で分散型コンセンサスが得られるのは、マイニングというプロセスです。

現在、プルーフ・オブ・ワークは、作業の信憑性を証明するための主要な検証ツールとして使用されております。プルーフ・オブ・ワークの作業にはコインで報酬が与えることによってマイナーに利益をもたらしますが、それには欠点がございます。最大の問題は、マイニングには大量の電力と高価なコンピューティングハードウェアが必要なことです。また、同時に処理できるトランザクションの量にはより多くの制限が適用されます。

その結果、イーサリアムを含む人気の暗号通貨のいくつかは、プルーフ・オブ・ステークモデルへの移行を決定しております。このモデルは、コンセンサスを達成しすためにランダム化コンセンサスアルゴリズムを適用し、ブロック上のトランザクションを検証します。

基本的に、PoSシステムはブロックを保証するために検証ツールに一定数の暗号通貨単位(ステークス)の所有権を示すことを要求します。その結果、高価なハードウェアが全体図から除外され、電力消費が減少し、検証が高速化します。

The-Ethereum-Improvement-Proposal

イーサリアム・コンスタンティノープル・ハードフォーク

アップグレードは、5つの独自のイーサリアム改善案(EIP)で構成されております。それぞれがイーサリアム・コードに大きな影響を与え、処理時間、スケーリング、コスト、イーサ保有者の総合的な使い勝手を向上させます。下記の項目では、イーサリアム・エコシステムの今後の改善点についてをご説明いたします。

イーサリアム改善案

イーサリアム・ブロックチェーンへのイーサリアム改善案の実装により、エコシステムはセレニティ・ハードフォークに一歩近づきます。これは、プルーフ・オブ・ワークモデルからプルーフ・オブ・ステーク分散型コンセンサスへの移行です。

EIP 145: 効率と速度 – イーサリアム仮想マシンを変更すると、操作速度が向上し、より効率的に実行できるようになります。これは、チェーン上の活動の一部が以前よりも早く、安く、簡単に達成されることを意味します。

EIP 1014: スケーラビリティ – このEIPは、オフチェーントランザクションに基づく拡張ソリューションを提供します。4つのスタック引数(endowment、memory_start、memory_length、salt)がコードに追加され、これにより、現在チェーン上に存在しないアドレスにトランザクションを送信することができますが、特定のコードが原因で、信頼することができ、特定のアドレスが作成されたときにトランザクションが貸方記入されます。

EIP 1052: スピードとエネルギー – このEPIは、スマートコントラクトのコード検証の改善に焦点を当てています。言い換えれば、コンスタンティノープル・ハードフォークは、イーサリアム・ブロックチェーン上での大規模なスマートコントラクト実行の最適化を可能にします。現在、スマートコントラクトの検証を完了するには、コード全体ではなく、コントラクトのバイトコードのハッシュを取得する必要がございます。より少ない処理能力が使用されるので、検証はより速くなります。

EIP 1283: コスト – この実装では、スマートコントラクトのストレージをアップグレードし、過度のガスコストが削減されます。この提案は、純ガス計量の変更と実施作業の不一致に応じてガス費用を削減します。

EIP 1234: ディフィカルティボムとブロックリワード – このEPIは現在の2つの問題を解決します。まず、ブロックリワードが1ブロックあたり3イーサから2イーサに減少します。その結果、新しいETHの総供給量が減少し、インフレ率が低下します。

第二に、それはディフィカルティボムを約1年間遅らせ、イーサリアムコミュニティがプルーフ・オブ・ステークモデルに備えることができるようにします。“ボム”という用語は、イーサリアム・マイニング難易度として知られております。これは、新しいブロックをマイニングする際にリソースの消費量が増え、プロセス自体が不採算になるプロセスです。

 ハードフォークはコインを分割することにはなりません

SpectroCoinからのヒント

以前のフォークを考慮に入れると、SpectroCoinからはお客様に周囲の話題について細心の注意を払っていただきますようお勧めいたします。これは、詐欺師が人々のプライベートキー(秘密鍵)や個人情報を盗んだり、資金を盗んだり、うまい話を提案しそれらをだましたりするのに最適な機会です。

お客様への注意喚起といたしましたは、コンスタンティノープル・ハードフォークに起因した、無料のエアドロップや無料のトークンはございません。お客様がそうではないと主張するサイトや通知を見られたならば、それらは情報通でないETH保有者に対して悪用しようといているということです。

SpectroCoinのイーサリアム・ウォレットホルダーとして、新しいフォークのためにお客様側からのご準備は必要ございません。コンスタンティノープルのアップデートはイーサリアム・ブロックチェーンには影響いたしますが、イーサの保有者様は影響を与えません。

アップグレードは、SpectroCoinのプラットフォームやAndroidおよびiOSアプリでの売買、両替など、普段のETH運用には影響いたしません。しかしながら、弊社はお客様へコンスタンティノープルのアップデートが完了するまでは資金を動かさない(入出金)ことをお勧めいたします。

 

コンスタンティノープル・ハードフォークについてどのようにお考えですか?SpectroCoinのソーシャルチャンネルにお客様のコメントを残していただき、それらのご意見を聞かせていただきたいと思います。