開発に関する更新

SpectroCoinの開発に関する更新: 1月19日

前回の開発に関する更新以降、弊社のITチームは本腰を入れ、SpectroCoinプラットフォーム全体の機能性を完成させるたに取り組んでまいりました。バックエンドのセキュリティの向上から、サービスの利用するにあたり、利便性の高さを保証するための便利な機能の追加に至るまで、大小さまざまな変更が行われました。

今回の開発に関する更新: オランダのお客様に対してのお知らせとセキュリティの向上。

Wij spreken Nederlands!

英語がビジネスにおける公用語であることは周知されておりますが、SpectroCoinでは企業は言語の障害を乗り越え、お客様に対してプロダクトを母国語で表示する必要があると考えております。言語の選択肢をご提供することで、お客様はWebサイトの操作方法、目的を理解していただけますので、より確信を持ち安全であると感じていただけます。

優れたコミュニケーション

一部の方にとっては、‘Wij spreken Nederlands!’はよく分からない音のように聞こえるかもしれませんが、オランダ人にとっては、聞き慣れた音楽です。SpectroCoinでは、全てのお客様が快適にサイトに書かれた文字を読んでいただけるための言語を切り替えるオプションをご提供したいと考えています。

リトアニア語、ロシア語、日本語、フランス語、ポルトガル語、アラビア語、中国語の言語に加えて、SpectroCoinはWEBサイトがオランダ語に対応したことをお知らせいたします。

オランダでの顧客基盤は急速に拡大しているため、SpectroCoinにオランダ語を追加することは適切なステップであると考えています。SNS Bank、RaboBank、ING、iDeal、BanContactからご提供されている幅広いローカルサービスは、SpectroCoinではすでに利用可能でした。

オランダのお客様は、SpectroCoinのサポート国リストでオランダで利用可能なサービスをご確認してください。

企業が成長するためにはお客様の多様性についてを考える必要がございます

 

SpectroCoinは当初、数個の言語で開始しました。時間が経過し、弊社のサービスが拡大するにつれて、弊社のウェブサイトをすべてのクライアントベースにアクセス可能にしたいと考え、プラットフォームの多言語化に積極的に取り組んでおり、長期的には20以上の言語に対応したいと考えております。

未来を少し覗くと、もうすぐSpectroCoinはイタリア語に対応いたします。

弊社の目標 – エラーのないプラットフォーム

SpectroCoinのITチームと品質保証チームは、プラットフォームのセキュリティサイクルの改善に日々取り組んでおります。このような複雑な金融環境では、強力なセキュリティ体制が重要な役割を果たすと考えております。これには、運用サービスとストレージサービス、ホスティング、データ暗号化、ユーザーアカウント、認証プロセスなど、複数のセキュリティレイヤが含まれております。

弊社はシステム内で発生する脅威を防ぐために、実装後のレビューを実行し、リスクを診断し、対策を講じております。

内部セキュリティ監査は必須のステップですが、第三者による監査またはいわゆるホワイトハットハッカーによる監査が、セキュリティをダブルチェックするための“健全な“方法であると考えております。継続的な対策として、SpectroCoinは、エシカルハッカーが弊社のセキュリティモデルをテストし、プラットフォームで発見された脆弱性に対する報酬を請求することを奨励する脆弱性報奨金制度を実行しております。

セキュリティ問題にご関心がございましたら、バグレポートを[email protected]までご提出ください。弊社ではご提出者様に対してメダルを与えたり、ウォーク・オブ・フェイムに名前を載せたりするつもりはございませんが、ご報告して下さったそれぞれの対象となるバグに対して、魅力的な報酬をお約束いたします。