SpectroCoinプラットフォームにステーブルコイン登場

SpectroCoinは市場での優位を保つための可能性を秘めた新しい通貨を常に探しております。クリプトコミュニティと時価総額ランキングのトレンドトピックを分析したところ、ステーブルコインを支持するユーザーが大量に増加していることが分かり、これは、弊社のシステムに新しい通貨を追加する決定に影響いたしました。2019年2月中旬に、Tethe(USDT)をSpectroCoinに追加いたします。USDTを追加することで、弊社では暗号通貨のポートフォリオを分散し、お客様に別の実用的な決済オプションをもたらすと考えております。

ステーブルコインとは?

ステーブルコインは、暗号通貨と法定通貨の中間の意味を持つ目的で作成されました。中央集権への依存を避け、迅速なクロスボーダー取引を行うとなると、私たちの心には暗号通貨が思い浮かびますが、依然としてボラリティやスケーラビリティの問題が残っております。

ステーブルコインは、他の資産に裏付けされた暗号通貨で、ほとんどの場合では、法定通貨に裏付けされておりますが、近年では、他の暗号通貨や上場商品(金や銀などの貴金属)に裏付けされたステーブルコインも同様に発行されております。

ステーブルコインは大変革をもたらす: それはブロックチェーンに法定通貨を関連付けます。

法定通貨に裏付けられたステーブルコインは多方面で入手可能であり、トランザクションが早く、ボラティリティに安定性を加える魅力的な通貨です。弊社ではステーブルコインが暗号通貨の日常使用を、さらに魅力的なものにすると考えております。

なぜステーブルコインは安定しているか?

ステーブルコインがなぜ安定していてどのように機能するかをご理解いただきたいと思います。

法定通貨に裏付けされたステーブルコインは1:1の比率で従来通貨に連動しているので、暗号通貨でよく見られる価格の乱高下は見られません。言い換えれば、ステーブルコインをバックアップするために使用される通貨の預託機関として機能する金融機関は、いつでも換金可能であることを保証します。これらの機関は暗号通貨ビジネスモデルに自信を持っており、潜在的なリスクに対して全責任を負います。

金融機関の関与により、ステーブルコインモデルは完全に分散化されていないと言う方もおられるかもしれません。それにもかかわらず、現在流通しているステーブルコインは他の暗号通貨と同じように分散化されております。それらはブロックチェーン上で発行されており、リアルタイムの透明性と匿名性、オープンソースコード、低コスト、世界的なアクセシビリティといった暗号資産のすべての利点が保証されております。

Tether社が準備金として保有している法定通貨は、常に流通しているUSDT以上でなければなりません。

SpectroCoinの新しい通貨: Tether(テザー)とは?

Tether(USDT)は、法定通貨が担保のステーブルコインのカテゴリーに分類される暗号通貨です。USDTの主な目的は、米ドル、ユーロ、日本円などの従来の通貨と暗号通貨の橋渡しをすることです。

SpectroCoinは、ボラティリティの変動なくEthereumブロックチェーンで米ドルを送金する機能をお客様にご提供するための、米ドルペグのTetherをご提供いたします。すべてのTether硬貨は100%法定通貨に裏付けされていますので、Tether、米ドル間の価格は等価で維持されます。

トムが1000ドルで1000 USDTを購入したとします。しばらくして、トムは小規模なビジネスに投資することにしたので、持っているTether硬貨を現金化することにしました。

USDTの価格は1:1の比率で米ドルに裏付けされているので、トムのUSDTは以前と同じ1000ドルの価値を維持しています。彼がTether硬貨を両替することにした場合、トランザクションにかかる手数料を除けば1000ドルを受け取ることになります。

Tetherの発行と弁済プロセスを示すインフォグラフィック

現在、bitcoinベースのTetherは時価総額トップ10の暗号通貨の1つで、総発行数は2,580,057,493 USDTであり、1日当たりの取引量は30〜40億 USDです。弊社が新たに追加するEthereumベースのUSDTは急速に拡大しており、現在の総発行数は60,057,493.363429 USDTです。

USDTとは何かを知っていただけたと思いますので、次はTetherウォレットがどのタイプのブロックチェーンがベースとなっているかをご覧下さい。

マルチブロックチェーン機能

当初、2014年に、Omniレイヤープロトコルを使用してBitcoinネットワーク上でTetherが発行されましたが、Tetherは最近、Ethereumブロックチェーン上のERC20トークンとして使用可能となりました。複数のブロックチェーンプラットフォームでTetherを活用することで、ユーザーはウォレット、資金、その他の好みに応じて最適なオプションを選択できます。

TetherコインはもともとOmniプロトコルでリリースされたことを念頭に置くと、USDTの大部分はBitcoinブロックチェーンが流動しております。しかし、EthereumベースのUSDTは、Omniと比較した場合の承認時間の短縮、低い手数料、さらにスマートコントラクトが依然としてEthereum市場の成長に拍車をかけているという事実からユーザーの間で注目を集めております。

“私のお金はどこにありますか?“という悲痛な質問を避けるために、SpectroCoinでは、USDTを送金、入金する前に、受け取りTetherアカウントがEthereumかBitcoinブロックチェーンのどちらに基づくものかを慎重にご確認いただく必要がございます。SpectroCoinは、EthereumベースのUSDTトランザクションのみをサポートしております。

SpectroCoinのTetherウォレットは、EthereumベースのUSDTトランザクションのみをサポートしております。

暗号市場の観点から見ると、Tetherコインは米ドルに簡単に移動、取引、両替が可能で、BTC、ETH、LTC、NEO、XRPといった他の暗号通貨と簡単に両替することができ、Tetherが取引媒体として利用されブロックチェーンの多様性が拡大します。

SpectroCoinアカウントをまだお持ちでない場合は、グローバル暗号通貨ソリューションのプラットフォームへご登録いただくことで、TetherウォレットでシームレスにTether(USDT)の売買、保管を行っていただけます。