企業はどのようにサイバー犯罪と戦うのか

企業はどのようにサイバー犯罪と戦うのか

SpectroCoinでは、セキュリティを弊社のビジネスを構成する主要項目の一つと見なしております。私たちの日々の慣例からお客様との関係まで、絶え間なく改善を重ね、エコシステムをより安全なものにするために取り組んでおります。このため、サイバーセキュリティの観点から見識を高めるための共有事項として弊社は一連のブログ投稿を開始いたしました。.

このような関連トピックについての学習プロセスを継続するために、本日はSpectroCoinの情報およびサイバーセキュリティスペシャリストのKarolina Žembėとのインタビューをお送りいたします。彼女にはこの分野での知識の共有と組織のサイバーセキュリティ強化を担当する専門家としての視点を共有してもらいます。

サイバーセキュリティとは何か?なぜそれが重要なのか?

過去数十年にわたって、技術は私たちの生活の中で非常に重要な部分になっております。個人の電話、タブレット、ノートパソコンからビジネス用コンピュータまで、私たち全員が私たちが使う技術に頼るようになりました。これらの機器には弊社の個人情報およびビジネス情報が含まれているため、保護する必要がございます。

“サイバーセキュリティとは、悪意のある攻撃からコンピュータ、サーバー、モバイル機器、電子システム、ネットワーク、データを保護することです。”

私たちの全生活はオンラインであり、日々増加するサイバー脅威はサイバーセキュリティを非常に重要なものにしております。サイバーセキュリティについてより議論されていないことは本当に驚くべきことです。サイバーセキュリティに対する意識の欠如は、あらゆるサイバー犯罪者のとって多くの人々を容易な標的とします。だからこそ、誰もがデータセキュリティの重要なポイントを理解する必要がございます。

サイバーセキュリティ専門家の役割とは?

サイバーセキュリティの世界は常に変化しており、情報やサイバーセキュリティを使って仕事をしている人、仕事をしたい人が、新しいことを学びことに熱心で、世界で最もホットなセキュリティトレンドについて興味があり、サイバーセキュリティ全般に情熱を注いでることが非常に重要です。

セキュリティアナリスト、ペネトレーションテスター、リスクアナリスト、セキュリティエンジニア、監査役、脅威インテリジェンスアナリストなど、さまざまなサイバーセキュリティの役割がございます。これらの役割はすべて、企業内で優れたサイバーセキュリティプラクティスを確保するために不可欠です。

一方のチームがネットワークを監視している間、もう一方のチームは社員を教育しています。一人ひとりの役割は企業にとって非常に興味深く重要です。

SpectroCoinであなたは通常の週はどのような業務をしているのですか?

毎週私はSpectroCoinと弊社のお客様の安全に保つために犯罪や悪意に対敵しているような感じです。効果的な防御および対応戦略を開発するためには、サイバー攻撃者がどのように行動し、その動機、ターゲット、潜在的に脆弱な領域を理解している必要がございます。

情報およびサイバーセキュリティスペシャリストは、社内のセキュリティ問題を特定して解決する責任を負う人物です。そのためには、世界の最新のセキュリティ動向を知り、世界中の他のセキュリティ専門家と密接な関係を保つ必要がございます。

共同の脅威インテリジェンスにより、複雑な脅威への対処が向上します。

私たちの優先事項は、社員とお客様の両方にとって、企業とウェブサイトをより安全にすることです。情報およびサイバーセキュリティの専門家として、私は企業の潜在的なセキュリティギャップを特定するためにセキュリティアセスメントを行い、また弊社のWebサイトをお客様のために安全で保つための脆弱性報奨金制度を行っております。また、社員全員にサイバー脅威についての見識を深めるための、社員向けITセキュリティトレーニングも実施しております。

なぜ脆弱性報奨金制度に参加することが重要なのか?

通常、さまざまなレベルの知識と経験を持つホワイト及びグレーハットハッカーが脆弱性報奨金制度に関わっています。それに参加することで、何百人もの目がウェブサイトの内外を見て、潜在的な脅威の特定と修正を加速させます。

これらのハッカーは、さまざまな(非)体系的なルーチンやツールを使ってシステムに侵入しようとしているため、コミュニティ主導の検索はシステム内のさまざまな部分や製品を分析します。このようにして、問題を解決し、システムが負荷にどのように対処するかという新しいパターンに気付くことができます。これにより、改善し、さらに安全にすることができます。

企業にとって最大のサイバーセキュリティの脅威とは?

たまには、私たちは皆、政府機関または有名企業の大規模な情報漏洩、ランサムウェア、DDoS攻撃について、耳にします。ハイスキルを持ったハッカーは依然として弊社の事業に重大なリスクをもたらしますが、ハッキングツールは誰でも使用できるようになっています。

つまり、スキルの低い個人からの脅威も高まっています。サイバー犯罪の商品化により、ランサムウェアやクリプトジャッキングなど、有害な攻撃を仕掛けるために必要なリソースを誰でも簡単に入手できるようになりました。

データを安全に保つために守るべき重要なポイントを表すアイコン付きの画像

 

あなたの仕事には、サイバー犯罪の傾向を監視することが含まれていますが、あなたの考えでは、2019年の主なサイバー犯罪の脅威は何ですか?

私は、サイバー犯罪が2019年も増え続けると考えております。情報漏洩は、数と重大性を増し続けるでしょう。データの保護は企業や個人にとって最も重要な課題であり続けており、これらの傾向は容易には消えず、対応策の必要性が不可欠になるでしょう。

標的型で巧妙なマルウェア攻撃は2019年も増え続けるでしょう。ランサムウェアは過去数年間の傾向を踏まえ、依然として不変です。 重要なインフラだけでなく、個人への攻撃も増加すると予想されます。そのため、自分自身で見識を深め、データをできる限り保護することが重要です。

安全のための最善の策とは?

近頃では、誰もが自分のデバイスとデータを保護する基本的なことを知っておくべきです。以下は、私たち全員がインターネット上でより安全にに使用するための、ほんのいくつかの簡単なヒントです。

  • ソフトウェアを最新の状態に保つ
  • ライセンスのないソフトウェアをインストールしない/li>
  • パスワード管理ソフトウェアを使用する
  • 安全なWi-Fiのみに接続し、信頼できるWebサイトのみを使用する
  • データをバックアップする
  • 機密情報をオンラインで共有しない
  • 高度なマルウェアとスパイウェアのツールをインストールする

サイバーセキュリティと、情報およびサイバーセキュリティスペシャリストの仕事について、多くのことを学んでいただけたら幸いです。Karolinaやサイバーセキュリティについてご質問がございましたら、ソーシャルメディアチャンネルにメッセージを送ってください。