Ethereum Istanbul Hard Fork

SpectroCoinは来たるETHハードフォークIstanbulをサポートします

Ethereumが分散型ブロックチェーンベースのプラットフォームを導入することで暗号資産ゲームを完全に変え、本質的に次世代のブロックチェーンの概念的な青写真を提供することに疑いの余地はありません。

また、Ethereumは分散型アプリケーションの主要なプラットフォームであり、時価総額の点で第2の暗号資産であると同様に、プロジェクトの背後にあるコミュニティは革新し続けています。もう1つのネットワーク全体の更新; Istanbul(イスタンブール)のハードフォークが進行中で、これから起こることをすべてご説明いたします。

Ethereum2.0に向けて

ネットワークは7つのハードフォーク(コアプロトコルの改善とアップグレード)を経て、EthereumがSerenity(セレニティ)またはEthereum2.0に近づいている8つ目のIstanbulのハードフォークに向けて進んでおり、ネットワークの進行における最終的な反復と見なされます。

合計3回延期されたため、待望のIstanbulのハードフォークは、2019年12月8日に予定されているブロック9069000から開始されます。興味のある方は、こちらでアップデートのカウントダウンと準備状況をご確認いただけます。ハードフォークという用語については、Constantinople(コンスタンティノープル)ハードフォークの詳細な記事をご覧になることをお勧めいたします。

The network is approaching Serenity or Ethereum 2.0, often considered the concluding iteration in the network's progression.

Istanbulのハードフォークは、スケーラビリティに対処し、ガスコストを削減し、より革新的な機能のためにスマートコントラクトを修正することを目的とするEthereumブロックチェーンの主要なアップグレードです。要するに、全体がネットワークをより安く、より速くすることを意図していると同時に、分散型の基本原則を損なうことはありません。

ただし、最新のEthereumハードフォークに関する主な関心事は、基礎を築き、最終的に現在のProof of Work(PoW)コンセンサスプロトコルからProof of Stake(PoS)モデルに移行することです。つまり、最終的にEthereum2.0のターニングポイントに到達することです。PoWとPoSの違いについて詳しくは、こちらをご覧ください。

したがって、最初は、ネットワーク全体の更新に38個のEthereum改善案(EIP)のバッチが含まれることは予想外ではありませんでした。ただし、Ethereumコミュニティの反応に応じて、配列全体が14に縮小され、最終的にアップグレード全体が2つの部分に分割されました。Istanbulと呼ばれる最初のものは、14の提案のうち6つを含んでいます。Berlin(ベルリン)は、2020年6月に予定されている他の8つで構成されています。

Istanbulハードフォークに含まれるEIP

上記のように、14のEIPのうち6つだけが、今後のIstanbulのハードフォークで、これらのほとんどは、スケーラビリティとガスコストの削減に関係しています。承認済みのイスタンブールEIPのリストを以下に示します。:

EIP-152 – Blake2圧縮関数Fプリコンパイルの追加。
基本的に、このEIPはZcashとEthereum間の相互運用性を向上させるはずです。

EIP-1108 – alt_bn128プリコンパイルガスのコストを削減。
Ethereumブロックチェーンで使用するzk-SNARK、AZTEC、Zetherなどのプライバシーアプリケーションを安価に使用できるようにする、かなり広く受け入れられている提案。

EIP-1344 – ChainIDオペコードの追加。
EIPは、チェーンIDの使用を提案し、Ethereumチェーン内のコントラクトを追跡します。これは、スマートコントラクト内で署名を処理するときに有益であることが証明されるはずです。

EIP-1884 – トライサイズに依存するオペコードの価格変更。
おそらく最も議論の多いEIPのグループです。これは、このEIPが以前は安いと考えられていた特定のオペコードの価格を変更するためです。ただし、その主な目的は、大幅な遅延を引き起こす可能性のあるスパム攻撃からブロックチェーンを防ぐことです。

EIP-2028 – トランザクションデータガスのコスト削減。
Calldataのガスコストを現在の値である1バイトあたり68ガスから1バイトあたり16ガスに削減することを目指しています。この提案の中心的な利点は、より多くのデータが単一のブロック内に収まるため、Calldataの帯域幅を大きくするとスケーラビリティが向上することです。osal is that higher bandwidth for Calldata should improve scalability since more data could fit within a single block.

EIP-2200 – SSTORE操作のガス計測。
過剰なガスコストを削減するために、EIPはEVM SSTORE操作の計測および課金方法の変更を目指しています。

結論

Please note that if you happen to use or hold Ether on SpectroCoin, there is nothing on your part that needs to be done.

Ethereum Istanbulハードフォークは、ネットワーク全体にとって果敢な一歩です。プロトコルの更新が完全に実装されると、Ethereumはセキュリティ面でより効率的で微調整され、大幅に高速化されると予想されます。

ほとんどの変更と同様に、Istanbulのハードフォークは軽いものではないかもしれません。ただし、これはEthereum2.0への移行に向けた中央プロジェクトの重要な部分です。次のフェーズはすでに動き始めており、2020年6月に予定されているProgPoWへの論争を呼んでいるステップを含むBerlinハードフォークの8つのEIPが確認されております。

SpectroCoinでEtherを使用または保有されておられる場合でも何も操作は必要ありません。

Ethereum IstanbulフォークのSpectroCoinサポートに関するご質問がございましたら、[email protected]までお問い合わせください。